スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼穹のファフナーEXODUS PV②

こんばんは。新宿2回目のリバイバル上映行ってきました。明日も日勤ですが気にしない!

そして本題に入る前にお一つ。
以前、HAE公開時に「記憶を頼りにHEAVEN AND EARTHの台詞を書き出しツッコミを入れる」という記事を書いたことがあります。これとか あれとか
今回その記事に対して、「違法録音してたんじゃないのか?」というコメントをいただいてしまったのですがご安心ください、そんなことしてないよ!

蒼穹のファフナーという作品に魂を奪われ丸9年、「この作品に相応しいファンでありたい」と研鑽してきた誇りに賭けて誓いましょう。ファフナーという作品を作り上げたスタッフの方々に顔向けできないような行為は一切しておりません。あ、メモとかも取ってないよ(´・ω・`)ファフナーは正座して姿勢を正して観賞すると決めております故…

しかしながら、「録音でもしないと無理だろ」と思われたのはちょっと…いやかなり嬉しい。会議室編とか頑張ったなぁ…


閑話休題してEXODUSのPV、というか特報と言った方がいいですかね。
昨日は緊張でガチガチになっていましたが、2回目なこともあり割と冷静に見る事が出来ました。
昨日のまとめを修正しながらツッコミも入れていこうと思います。

・総士「今、ここにいる理由…」
EXODUSのキャッチコピー!!!!!!
キャッチコピーを間違えるな自分。

・「遠い宇宙(そら)から来た敵、フェストゥム」
お馴染みのモノローグ。総士の声が低くなってます。
総士これ喋ってない。テキストが出てきただけでした。

・総士「対フェストゥム専用、思考制御・体感操縦式、有人兵器ファフナー。選ばれた者にしか動かせない、僕らの切り札」
テキストで「ファフナー   --―人類唯一の希望
冲方さんが3月にツイッターで(独断で)披露し、公式HPにも掲げられているモノローグと同じですね。ちなみにツイッター全文は

総士M「二十二世紀は、人類にとって戦いの時代となった」爆煙が立ちこめる上空を乱れ飛ぶフェストゥム(シーモータル型など)。総士M「遠い宇宙から来た、未知の存在、フェストゥム」
総士M「対フェストゥム専用、思考制御・体感操縦式、有人兵器ファフナー。選ばれた者にしか動かせない、僕らの切り札」


という物でした。二十二世紀うんぬんがあったかどうか定かではないのですが、大体同じことを言っていたと思います。
二十二世紀うんぬんは、やっぱり言ってませんでした。

・総士「長く続く戦いに世界が疲弊していく中、もしお互いの存在が理解出来たら、戦いは終わるのではないか。そんなかすかな希望が、世界の片隅で生まれようとしていた」
竜宮島回覧板 EXODUS第一号と同じ。

・緑っぽい機体、赤茶の髪をまとめた女性、髭のおっさん、小太りそばかすの兄ちゃん、金髪姉ちゃん。小太りの兄ちゃんはおびえた様子。
外人っぽいです。人類軍の兵士とファフナー?機体は銀河機攻隊マジェスティックプリンスのライノスに似ていたようなそうでもないような。色以外ライノスには似てなかった…。ファフナーらしい細身で、全身緑の機体でした。イメージ的にカマキリとかバッタみたいな感じ。
パイロットは全員、結構歳くってるように見えるのが気になりますね。とりあえずモブで終るデザインではないなコレ…


・史彦と後ろに控える総士
始め一騎かと思った。総士が司令補佐的な役割してたらいいと思う(希望)
総士が髪を根元で束ねるようになったので、正面から見ると短髪に見えるのが原因ですね。あと、前髪も伸びて外ハネもなくなっていたのも。蒼穹作戦時のキャラデザよりも本編の面影を残したいいデザインで安心しました。少なくとも老化が早いってことはなさそうだ…

・海沿いを歩く剣司と咲良
いい雰囲気。咲良は松葉杖。

・モルドバ時と同じスーツを着て戦闘機に乗る真矢
何 故 見 逃 し た 自 分
そ し て 何 を や っ て い る ヒ ロ イ ン
「同胞殺しと紛争調停者」ですか?マジでやるの?マジでやるの?
「日常の象徴」だった真矢がついにここまで…。



・楽園のカノンとショコラ
カノンはTVシリーズに近い短めのハネ髪。カチューシャ付き。

・暗い部屋でしゃがんでる幼女
美羽ちゃん?????

・岩戸で眠る織姫
つば…織姫!!!!!!おっきくなってた!!!!!


・あ な た は そ こ に い ま す か
テキスト&総士音声
総士がこれ言うとドキッとしますね。本編では一騎離島前の会話で言ってました。



・楽園で働く一騎
ロンゲは襟足が延びてる程度で気にならなかったよー!よかったー!

・CDCにいる総士
ちょっと胸を抑える?なんか考え込むようなカット。胸を押さえてうつむくような感じ。

・眼鏡をかけた総士
PV一番の衝撃。以下記憶が曖昧である。ちなみに黒縁だ!!!!!!!

・総士の隣にいる一騎

・「殲滅か共存か」 「果てしない痛みを抱えたまま、お前はどう世界を祝福する?」
台詞ではなく字幕。人物のカットの間に挿入されていたテキストですが、どこで挿入されたか曖昧。BGMはハリウッドのシリアス映画予告のサビみたいな感じ(何だそれ)。とにかく不穏。超不穏である。

・総士「未知の希望が新たな敵?戦い?と共に訪れたその日、僕らの最後の時間が始まった」
PV2番目の衝撃。分かっておりますが…
「EXODUSでは一騎と総士の生存限界を描く」というのは前々から言われていたことですし、「最後の時間」というのが短絡的に「死」であるとは思っていませんがやはりギクッとする言葉ですね。

正直な話、ファフナーと言う物語はキャラクターの「死」無しに進むことはできない物語だと思います。そして、死が不可避の物語であるからこそ、「死ぬために作ったキャラ」で誤魔化すことは許されない。EXODUSで言えば先の人類軍らしき兵士や、竜宮島回覧板で紹介されている新キャラ達ですね。彼らがEXODUSにてピックアップされ死を迎え、視聴者が「やっぱファフナーは鬱アニメだー悲しいなー」と言いながら、どこかで「一騎や総士じゃなくて良かった」と安心する。それこそファフナーという物語にとって最悪の展開なのではないかと思います。
そしてファフナースタッフは、特に冲方さんは、物語が進べき形を無視してキャラクターを生かしたりしない。今までに何度も容赦なくキャラクターの死を描き、語るべき物語から外れる事それこそがキャラクターの本当の「死」であることを見せつけてくれた冲方さんが「過酷な展開になる」と言ってるのですよ…。
なんかもう書いてて辛い。みんな生き残れ!!!!!(本音)


・防波堤で空を見上げる一騎と総士(後ろ姿)
上記のモノローグとセット。やはりこれも一騎離島前の会話時と似たような構図。しかし二人が同じ方向を向いてるという点が大きく違いますね。

明日も観に行こうかどうしようか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NINJA ANALYZE

プロフィール

Author:三津屋
関東在住のオタク社会人。蒼穹のファフナー・ノエインが好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。